仕事を辞めたい時に読め!

仕事を辞めたいと思った時に読むサイト

セクハラで仕事を辞めたい人は

仕事を辞めた女性を対象に行われたとあるアンケートによると、退職理由として挙げられている中で、上司や同僚によるセクハラ・パワハラが理由だと答えた人は17%ほどであったようです。現在では会社自体でセクハラ、パワハラ対策を講じており、中には年に何度ものセミナーなどを独自で開催しているというようなところもあります。大企業などに努めている場合には、セクハラやパワハラなどを受けた女性の相談窓口が設けられていることも少なくありませんので、セクハラやパワハラを受けて泣く泣く会社を辞める前に、そのような部署に相談してみるというのはよい対策ではないでしょうか。それらは他部署などにもれることなく、秘密裡に調査が行われるようになってしますし、もし自分自身でもセクハラ・パワハラの証拠を保全しているときは、相談することにより自分が仕事を辞めるのではなく、セクハラ・パワハラを行った上司や同僚に厳しい処罰が下されることがありますので、パワハラ・セクハラで会社を辞める前に、自分で自分の身を守ることも可能です。またセクハラ・パワハラは女性のみの問題と考えられることが多いようですが、女性の上司を持つ男性会社員の仕事を辞めたい理由になることもありますので、男性会社員も泣き寝入りせずに対策を講じるようにしましょう。万が一の場合の当面の生活費ですが、基本的にはお金を借りることで何とかなると思います。今すぐお金を借りる事も最近では出来るようなってきていますが、一応審査はあるので、安定収入があるうちにお金を借りるのがコツです。

福利厚生は仕事を辞める理由の一つ

仕事を辞める理由として、賃金面での不満などがあがることは多いのですが、実は福利厚生が充実していない、もしくは福利厚生がないというような面で不満を抱いて仕事を辞める理由になるということも少なからずあるようです。福利厚生が充実していると額面として受け取る社員の労働の成果であるお給料が、多少平均より低くとも、充実した生活を送れることがあります。いわば、福利厚生というのは社員のためのサポートですので、それらが充実している会社は社員を大事にしてくれる会社だということができるのかもしれません。福利厚生は義務付けられていることではありませんので、会社によってさまざまなサポートが用意されていますが、たとえば住宅関連の福利厚生があるとかなり助かるものです。たとえば賃貸住宅ですと家賃補助を受けることができたり、マイホームを購入するときの資金の貸し付けを受けることができるというような福利厚生があります。このような福利厚生は必ずしもすべての会社に用意されているワケではなく、将来的なことを考えて福利厚生が充実した会社に転職したいと仕事を辞めることを決断するケースもあるようです。もちろん福利厚生がないから充実していないから、という理由のみで現在の仕事を辞める人は少ないかもしれませんが、仕事を辞める理由の一因として上がることがあります。